ブドウの垣根づくり

ブドウ栽培というと棚による栽培が日本では一般的です。
私も棚による栽培に挑戦しましたが、一年目は全く棚につるが届かず、そのうち棚を組んだヒモが劣化し、崩れはじめてしまいました。
a0216817_2055398.jpg

そこで、ヨーロッパのぶどう畑で一般的な垣根栽培に変更することにしました。
まず竹の支柱を立てるための穴を1メートル掘ります。
a0216817_20563952.jpg

竹の支柱をたてて・・・。
a0216817_2185940.jpg

邪魔になった棚を崩し・・・。
a0216817_21111679.jpg

針金を地面から1メートルとそこから40センチ間隔で全部で3本張ってできあがりです。
a0216817_21125923.jpg

ここに、ぶどうの枝を1段目の針金に誘引します。
a0216817_21134889.jpg

後は、ブドウの新しい芽が上方向に伸びて、太陽を浴びながらブドウが育っていきます。
この方法だと、三年目から収穫できるようです。
[PR]
by tkjamjp | 2012-03-25 21:17 | 家庭菜園 | Comments(0)
<< 家庭菜園の七つ道具 今週の家庭菜園(2012年3月... >>